新・神戸からダカールへ♪

林道走り初め=F650で雪遊び

a0061878_11402448.jpg

今シーズン初の林道遊びは、何故か雪遊び風味となってしまいました

管理人@晴れ男対かわちさん@妖怪アメフラシの対決は、あえなく妖怪の勝ち
朝、雨だれの音で目が覚めます
幸い、寒さはそうでもなく、当然決行
ウエストバッグ一つの軽装で出発します
トレックバッグと、工具一式を収納する小物入れ付きシングルシートが威力発揮♪
しかし、ハイシートとほとんど高さの変わらないシングルシートだと、お尻をずらしてようやく片足つま先が付く程度です
「林道でやばいかな?まぁ、今日はそんなにややこしいとこはいかないし、行けるだろう」
これがいかに甘い考えだったかが、数時間後に証明されようとは・・・

雨の降る中、道の駅東条に集まったもの好きは5人
F650GSダカール2台、F650ファンデューロ2台、なぜかダカールが化けてしまったXR230が1台
a0061878_12121599.jpg

ファンデューロは2台とも、ブロックタイヤが履けるようにと、フロントを21インチ化した「変態バージョン」です
参加予定だった女性2名のうち、1人はセローのオイル漏れで無念のリタイア
もう一人は、昼から「林道以外で」合流となりました

いそいそと出発し、加西・笠形方面の林道へ
スタート直前の私(右側)
お尻をずらしてようやくこの足つきです
つ、つらい・・・
a0061878_11583484.jpg


一本目、XR230のしもさんが先頭でかっとんどいきます
肩慣らしにはもってこいのフラット林道をタラタラと流して走り、しばらく行くと行き止まりのゲート前でしもさんがたたずんでます
ん゛??
路面に深いブレーキ痕?!
a0061878_1159691.jpg

「コーナー抜けたらいきなりゲートがあって、びっくりして握りゴケしちゃいましたぁ」
SSERシリーズ戦にダカールで出場するツワモノらしからぬミス
左手の打撲もつらそうですが、それより、買って間もないカッパのズボンが破れたのが痛いらしぃ
体があたたまっていないからと、追いかけずにのんびり走ってて良かった
後ろにいたら、間違いなく一緒にこけて、崖下逝ってたかも・・・

ゲートの先まで行くも、すぐに工事現場で行き止まり
往復8キロを走り終え、すぐそばのもう1本へ

ここは適度な高低差とわだちの少しついた荒れ具合、、見通しも良いなど、ビッグオフにぴったりなダートです
気持ちよ~く・・・と思ったけど、フロントが踏ん張らない
リヤのT63だけは替えてきたのですが、前のMT21はまだ少しだけ山があったので、面倒でそのまま来たのが失敗でした
プッシングアンダーが出て、リヤがうまく流れてくれません
後ろを意識して倒しすぎ、ヒヤッとすること数回
あきらめてグリップ走行に徹します
次は前新品、後ろ8分山でニヤリってなるかな?

抜けているけど、行き先がイマイチということなので、舗装路に出たところでUターン
往復12キロを走り、10数キロの舗装林道で黒川方面に向かいます
以前はここも全線ダートだったので、舗装路をほとんど走らずに数珠繋ぎ30キロコースが可能だったのですが・・・

途中、先頭の私が道を間違えたついでに、ピストン林道片道約3キロへ
ヘアピンを繰り返し、一気に駆け上るルートからは、美しい山里風景が臨めます
a0061878_120383.jpg

ここが、最初に走った行き止ま林道につながる予定とか
完成して欲しいような、完成したらすぐに舗装されそうなのが怖いような

舗装路をしばし走り、黒川新田林道入り口付近のふるさと村でそばを食います
変態21インチファンデューロと、すっかりオフロード仕様になってきた我がダカール<泥よけないから、後ろがどろどろ
a0061878_121468.jpg

ストーブがごうごうと燃えているのがうれしい
いつもトイレを借りるだけで、初めて食事をしましたが、暖かいかき揚げそばがうれしかったです

腹ごしらえも済ませ、いつもだと軽く流して走る黒川新田林道へ
ダートに入ってまもなく、道ばたに白いモノが視界に入ります

ナンカ イヤナ ヨカン

恐れていた事態はまもなく現実のものとなりました

a0061878_1215492.jpg


ミチガシロイヨ マミー

わだち部分は、まだ土が見えている状態なので、何とか走ることは可能な雰囲気
「戻るのはイヤ」という、30歳代の集団とは思えない子どもっぽい理由で突破します
そうです、ここから標高が上がるということは、まったく考えていません
だんだん雪が深く、土が見えない完全な雪の上を進む個所が増えてきます
そして、いくつ目かの雪部分を越える中で、ついにやっちゃいました
a0061878_122966.jpg

フロント滑らせスッテンコロリン<もちろん、私(泣)
バイクだけ寝かした感じなので体にもバイクにもダメージはなく、エンジンかかったままリヤタイヤがクルクル回ってます
みんな大喜び<オイオイ
しもさん、バンザイするほどうれしいのか(泣)

気を取り直してさらに先へ

しばらく進むと・・・
これかよ
a0061878_1223464.jpg

この写真、良くみると後ろのほうになんか見えますねぇ・・・
近づいて撮影すると

a0061878_1225570.jpg


こんなんなってました<またもや私(号泣)
とりあえず引き起こして
a0061878_1224217.jpg

乗らずに押します(一番最初の写真がこれ)<もうやけくそ
a0061878_125433.jpg

ブラックリムに雪が映えるなぁ♪
って、違いますから!
そんなためにエクセルのリムにしたんじゃないですから!!

a0061878_124817.jpg

仲間たちも押したり引いたりでなんとか通過

このあたりで、お気楽5人組のアタマにやっとこさ不安な思いがわいてきました
「もし、この先にもっと激しい部分があったらひきかえさなきゃ。でも、今まで越えた難所って、引き返すと登りになるんだよな・・・」

で、不安的中・・・(涙)
a0061878_1252616.jpg

左は川です
落ちたらあがれません
ちゅうか、650のバイクで来るところやないやろ、これ

斥候を命じられたXR230が、何度も止まり、雪を巻き上げて除雪車のようになりながらよれよれと進んでいきます
a0061878_1262879.jpg

歩いて戻ってきたしもさんは「これを越えれば、なんとか行ける・・・かなぁ・・・たぶん」
雪の区間は300メートルぐらい
一同しばし考え、幹事の私は口を開きました

「行くしかないでしょう」<大バカ

当然一番最初に進むのは私です
ステップに乗って走ろうとしてずっこけた先ほどの失敗から、最初から足をついていくセロー走行戦法
XRがかなり雪を掘ってくれたので、足つきが良くなっているのが救いです
勢いがなくなり、雪を掘りすぎてグリップを失わないようクラッチに気をつかっているとエンスト
やけくそになり、あとはひたすらアクセルを開ける!!
意外と進みます・・・
そう、まるでラッセル車のように
仲間の大笑いするこえが聞こえてきますがもうもうとした水蒸気に包まれた私はかなり必死
なんとか押してもらわずに突破
ブロックタイヤってエライ!!
(↓このシーン、動画でお楽しみ下さい。。ダウンロードに時間かかるようですが、あまりにバカらしくて笑えます↓)
http://www.tmwnet.com/tmw/060312/IMGP1439.MOV

後続の3台も、押したり引いたりしてもらいながら無事通過
a0061878_1292342.jpg

雪の中、なぜか全員汗だくです
ダカールで初参加の青木さん、やけくそ気味に笑ってます<ニドトキテクレナイカモ・・・

その後は数箇所雪があるものの、ひょいひょいと通過して無事クリア
わずか7、8キロの林道に、えらい疲れてしまいました

生野に抜け、最後の1本としてに福知渓谷へ抜ける林道を目指します
生野カンツリーの横を抜け、ぐんぐん高度を上げる
a0061878_12105573.jpg

数年前、ダカールで来てかなりハードだった記憶がありますが、切れ切れに簡易舗装が進んでおり、ルート自体はたいしたことはありません
しかし、やはりここでも白いヤツが行く手をふさぎました
a0061878_1210533.jpg

いくつか雪の上を越えたものの、ついにコレ
あと少しでほぼ峠だけど、ここからさらに状況が悪化する恐れがあり、ここで撤退を決断
そろそろ日暮れも近くなり、冷え切った体を温泉で温めたいというのが本音でしたが。。。
ダム脇の濡れた舗装のワインディングをあり得ない速度でぶっとぶかわちさんを必死においかけ、あっちゅうまに黒川温泉到着
a0061878_12192868.jpg

温泉到着後すぐに、昼から大阪を出発したピカピカのセローのひろむさんと合流
つるつるのお湯を楽しみます<混浴だったわけではないですが(笑)
冷え切った体に熱い湯がキク~~ッ
最近建て替えられたらしく、昔のひなびた風情が薄れていたのは残念でしたが、お湯は大変気持ちよかったです<600円にちょい値上がり

根が生えて、1時間以上ぐらい温泉に滞在し、気合入れて帰路へ
光軸がずれて、前がよく見えないのには閉口しましたが、舞鶴道春日インターから高速に乗り家路を急ぎます
おもいっきりとばしたおかげで、黒川温泉から1時間20分で神戸の自宅に到着

普通のダートから雪道まで走れて、高速では140キロ巡航できるなんて、ダカールはなんてすばらしいバイクなんでしょう<ちょっと使い方間違ってるみたいですが・・・

走行距離340キロ。そのうちダートが40キロ足らず
なかなか充実した一日でした
一緒に遊んでくれたみなさん、ありがとうございました&お疲れ様でした

今シーズンはどんくらい遊べるかな??
[PR]
# by yasu2070 | 2006-03-13 11:37 | オフロードライディング

SCORPA TY-S125F LONGRIDE powered by YAMAHA

a0061878_16323553.jpg
5月発売!!
激しく、欲しいです
まさしく、「これっ」という感じ
私の腕、用途なら、本格的なトライアルレーサーは必要なし
それよりも、混合給油の面倒がなく、排ガスも臭くなく、うるさくもない4ストのメリットのほうがはるかに大きい
それで、5リッタータンクにロングライドシートと来たらもう。。。
涙ちょちょぎれます

a0061878_16324792.jpg


これで40マンエンかぁ
安いなぁ
テクノ売って買うか・・・ボソッ
せっかくトレーラー買ったしなぁ・・・ボソボソッ
でもでも、少し待ってたら4スト250レーサーが安くで出るかもしれんし・・・ムムム


余談ですが、スコルパって、SY250をあーだこーだしたようなこんなんも作ってるんですね
http://www.scorpa.it/pagina.php?codpag=notizie¬iziaID=50
車重87キロのエンデューロレーサーかぁ
ふ~む。。。
一瞬で壊れそう(笑)
[PR]
# by yasu2070 | 2006-03-11 16:33 | オフロードライディング

目の手術?!

18、9のころから長らく、メガネかコンタクトが手放せません
たぶん0・1程度しか視力がないはず
バイク乗る時はソフトコンタクトを使うのですが、これがゴミなど入るとつらいつらい
かといってメガネだと曇るし、雨降ったらどうしようもないし
しかも、コンタクトを長時間つけていると、角膜細胞が死滅して減っていくなど、重大な障害につながるそうです(怖)
そういえば、数年前、「角膜細胞が減ってるので、これ以上1週間連続装用のコンタクトは使わないで下さい」と目医者で言われた覚えがあります・・・

んで、ちょっと注目しているのが最近ちょくちょく耳にするレーシック
松山の某オフロード系ショップの店長がこいつを試して、「早くうけておいたらよかった」と絶賛
そんなにええんかいなと半信半疑なんで、とりあえず、今週末に説明会に参加する予定
会社のすぐ近所にあるけっこうメジャーなところ

神戸クリニック

はてさて、どうなることやら
[PR]
# by yasu2070 | 2006-03-08 10:24 | 日々の諸々

訪ねバイク

お知り合いのお知り合いの方のバイクが姿を消しました
目立つ&珍しい車両なので、もし「おやっ」と思う車両を見かけられましたらご一報下さい

W林さんとこから転載です

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
YさんのR100GSが、ある日突然いなくなってしまいました。

心当たりのある方、どこかで見かけたと言う方は

お手数ですがこちらまでご連絡願います(発見に至ったアカツキには薄謝アリ)。




■ 車両の特徴

・習志野ナンバー
・巨大なタンク(43L)
・ツインプラグ仕様
・鉄製シリンダーガード付き
・ミラーがトライアル用の小さいヤツ
・アチャルビスの新型ハンドガード付き
・リアサスがオーリンズ
・パニアステー付き
・TREKFIELDのアフリカバッグ装備  


画像の中 手前の車両です
a0061878_11324630.jpg



前からはフツーな感じ これまた手前側の車両
a0061878_1133476.jpg

[PR]
# by yasu2070 | 2006-03-03 11:33 | オフロードライディング

どんちゃん騒ぎな一日

今週は、忙しいようなヒマなような・・・
週末、F650MLな人たちと軽く集まる企画があり、打ち合わせと称して、もう一人の首謀者@05F650GDさんとランチしてました
うちのポンコツF6を見たいとおっしゃるので、仕事を抜け出して自宅に帰り、ドタバタ着替えてF6を引っ張り出してお店へ
数分走るために倍ぐらい時間かかった<何やってんだか
ピカピカのダカールと、うちのダカール
並べると別のバイクみたい(涙)
まぁええねんけど

その後、再びスーツに着替え、まじめ&ターボかけて仕事をこなし夕方に無理矢理今日の課題達成
翌日のイベントに向けた午後8時からの打ち合わせをブッチして(オイオイ)某おなじみのお店へ向かいました
a0061878_924414.jpg

我がガレージyazuyaメンバーの間では、「生春巻屋」の屋号で知られているアマの迷店
JR塚口駅の東、住宅地の真ん中という、居酒屋としてはあり得ない場所にあります
店に電話がないので、予約は現地へ行くか、電報打つかしなければなりません(まぢ)
今回はHIRO☆改め、下半身大殺界が2度足を運んで予約してくれました
交通の便など、数々問題ありな店ですが、味とコストパフォーマンスは折り紙付き
マスターとは15年来のつきあいで、ガレージyazuyaの公式宴会場です
生春巻き屋の名前の通り、ここの生春巻きは絶品
生ハムやらハマチやらマグロやら
結局何皿頼んだのやら

この日の寄り合いに集まったのはガレージで軽トラのエンジンを積み替えた中心メンバー8人
久々のオールスターキャストは・・・濃いっ
濃すぎるっ!!
先月、食玩に7万円を突っ込んだ今年本厄のおっさんやら、嫁の目が届かないと思ってひたすら油ものを食いあさる兄ちゃん、げらげら笑うとなぜかアタマの後ろが痛くなるハトマメ顔な同級生、ハイテンションなまま沈没しアタマに紙おしぼりとアーモンドを載せられたトンデンバヤシ市民な女・・・
a0061878_9245748.jpg

久々に、はらわたよじれてのたうち回るほど笑いました
このメンバー、全員そろったらあかん
次の日の仕事に差し障る(笑)

ということで、今日は腹筋に軽い筋肉痛を感じながら仕事してます
空港開港で早朝出勤だったのよ~~
あぁ、つらい
でも、おもろかった♪~
[PR]
# by yasu2070 | 2006-02-16 09:25 | 日々の諸々

室津で海の幸三昧

出勤するといきなり「今日ひま?カメラマンとちょっとドライブしてきてくれる?」と
ややこしい仕事かと身構えましたが、広告特集の春のドライブガイドを書けとのお気楽な仕事
しかも原稿料付き♪

行き先はこの週末行ったばかりの兵庫県南西部の室津です
室津というと梅林が有名ですが、おすすめは綾部山梅林のふもとに広がる菜の花畑
a0061878_20332940.jpg

a0061878_20354812.jpg

地元の人々がやっており、早くも一面黄色の絨毯となっていました
ここ、100円で袋一杯の菜の花の新芽を摘むことができます
無農薬でこれがうまい
天ぷら、ごま和え、ベーコン炒めなど摘み立てを楽しむと春の香りが広がります
撮影が進む横で、仕事と関係なく菜の花の新芽を摘んでました<仕事しなさいって(笑)
梅林は、まだ早く、ほとんど咲いていない・・・
ほんのいくつかほころんでいる枝を強引に引き寄せ、人さらいしてきたお姉ちゃん2人をバックに入れて2カット目
海の交通の要衝として栄えた室津の歴史を感じさせる町並みや築200年を越える海産物問屋を使った民族館に立ち寄り、たまたま知り合った漁師の奥さんから、自家製のシタビラメのみりん干しを仕入れました
8枚250円♪
やすっ
うまそっ

で、ここからが今日のメーンイベント
このあたりに行くたびに立ち寄るお昼ご
a0061878_20352728.jpg
飯スポットです
室津漁港にあがったばかりの地魚や牡蠣などの貝類などなど、20数種類が並び、表のテラスに設けられた炭火で焼いた食べるという趣向
a0061878_20351084.jpg

a0061878_20342494.jpg

名物の穴子丼や海鮮丼、汁物各種、お寿司、お総菜などもあります
穴子丼と牡蠣のみそ汁をメーンに選び、焼き物は牡蠣、黒鯛、時鮭などなど
名前の分からない小さな貝の煮物などもとり、カメラマン、運転手と3人だけなのに、テーブルの上はてんこ盛り状態
炭火で焼いた新鮮な海の幸はやはりうま~
牡蠣の養殖イカダが浮かぶ崖下の海を眺めながら食べるロケーションもグッドです

あっ、これは仕事ではなく、原稿には反映されません(笑)
食べるのに必死で、また写真撮るの忘れてた・・・

牡蠣キャンプのご報告はまた後ほど。。。
[PR]
# by yasu2070 | 2006-02-14 20:36

シーフードチーズ焼き 玉子入り

a0061878_122226.jpg

以前、絶品のしそ焼きとそば飯をご紹介した新長田のお好み焼きひろちゃん
今度は、思わぬ伏兵にやられちゃいました
目立たないメニュー終盤に記されたそれは「シーフードチーズ焼き」
「ひろちゃん自慢のタコやイカのお好みにチーズが入ってるんやろな。でも、薄い長田焼きにチーズはマッチするのやろか」などと思いつつ、正直、何気なく注文しました
「玉子は生地に混ぜ込むでええの~?」「はいは~い」
そんなやりとりの約10分後、目の前に現れたそれは、予想に反して厚めのポッテリしたお姿。。。
表面の焼けたチーズのきつね色と香ばしいにおいがただ者ではない雰囲気を漂わせます
「ソースもいいけど、これがけっこういいのよ。これだけで食べる人もいるぐらい」とおばちゃんが持ってきてくれたのは、なんとタバスコ
素直にプロのアドバイスに従い、いったんは手にしたソースの缶をテーブルに戻します
コテで生地を切ると・・・

a0061878_1245592.jpg


おぉ~とろとろのチーズが中からあふれ、鉄板で溶けて焼けるは、いいにおいはさせるは!!<このあたりで、すでに興奮状態
タバスコをかけ、ハフハフしながら口に入れると、熱い~、旨い~~、辛い~~~
あぁぁ、幸せ
ふわふわとしたとろけチーズと、表面のかりっとした焼けチーズ、長田焼きらしいあっさりした生地、そして元来明石焼き屋であるひろちゃんの面目躍如たる自慢のタコが相まって、言葉が出ません
辛口ソースもいいですが、やはりタバスコのみがおすすめ

定番のしそ焼き、巨大なタコの足の入ったチャンポンそば飯ももちろん旨い
a0061878_1251819.jpg


スイッチが入り、昼間からビール2杯いっちゃいました
う~ん、おそるべし長田のお好み・・・
[PR]
# by yasu2070 | 2006-02-02 12:05 | 神戸B級グルメ?!

curry parfait

やっと仕事が一段落し、のほほんとした一日を過ごしました
11時過ぎに早めの昼飯をと考え、なんとなくカレーが食べたくなりました
神戸カレーといえば、サボイかブハラですが、サボイは改装しておいしくなくなったし、ブハラは岡本いっちゃったし・・・
ふと思い出したのが、元町東口すぐのcurry parfait
わずか6席の小さな店を微妙な年齢の女性が一人でやってる隠れた名店なのです
a0061878_23575477.jpg

メニューはチキントマトカレーのみ
並500円、大盛り600円、生卵、ザワークラウト各50円、チーズ100円
チーズをトッピングして早速
a0061878_23581217.jpg

はぁぁ、旨い
さらっとしたルーにトマトの甘みがうまくとけ込み、カレーのヘビーさがありません
らっきょ、福神漬と一緒に並ぶ、キュウリを甘酸っぱく漬けたピクルスみじん切りがかなり得点高いです
これだけでご飯1杯食べられそう
あまり辛くはないので、お好みでガーリック、オニオン、スモークのタバスコ各種でお楽しみを
おすすめ度大です!!
[PR]
# by yasu2070 | 2006-01-31 23:58 | 神戸B級グルメ?!

絶品の玉子まんと焼き豚まん、そしてグリーンカレー

先日、「おかゆが旨い」と紹介した兵庫県庁近くの小さな中華料理屋に、昨日、また行ってきました
少し時間に余裕があったので、先日気になっていた焼き豚まんと玉子まんに挑戦
これがまた、旨い~~~
a0061878_163167.jpg

焼き豚まん(160円)は、ふわっとした生地とこてっとした中身が絶妙のハーモニー
a0061878_1631584.jpg

玉子まん(120円)は、栗きんとん的な上品な甘さで、ポットの中華茶とよくマッチします
一緒にいった同僚が食べた鶏まん(160円)もハゲシクおいしかったとか
次回、必ず食べねば
こたえられないおやつが、また一つ増えました~

a0061878_1633854.jpg

んで、今日のランチは、神戸・中華街のはずれにあるアジアン料理屋
先日、カオパット(タイ風焼きめし)がなかなかだった店です
今日は、先日気になったタイ風グリーンカレーにチャレンジ
なかなか旨かったです
辛すぎず、ココナッツ臭すぎず
デザート、スープ、デザート、練乳を入れるベトナムコーヒー付きで850円
気に入りました♪
個人的には、すぐそばのインド料理店RAJAのカレーより好きかな
インド風はちと濃すぎる(こないだはマトン頼んだからなおさら)

こないだも書いたかもしれないけど、このアジア料理店、旦那さんと奥さんが、それぞれベトナムとタイで料理修行をしたそうで、ベトナムとタイ両方の両方の料理が楽しめます
フォーやベトナム春巻きも気になります
うふふのふ

これだから神戸っ子はやめられない♪
[PR]
# by yasu2070 | 2006-01-12 16:04 | 神戸B級グルメ?!

あけましておめでとうございます

おくればせながら、あけましておめでとうございます
別のところには色々書いていたのですが、こちらでまで愚痴るのもどうかと思い、放置してしまってました。。。

そうすると「最近食べ物日記、書いてないやん」とおしかりうけちゃいました・・・
(いつからこれは食べ物日記になったんだ?!)

で、今日の昼ご飯
a0061878_1542418.jpg

長田の下町に所用があり、いつものひろちゃんを昼間、初訪問
名物そばめしは昼は少しあっさりめ
んで、やはりこれははずせない「しそ焼き」
キャベツのかわりにシソを使い、生地→シソ→豚肉→シソ→生地の順で重ねて両面焼き上げます
豚肉の使い方が絶妙で、周辺にドーナツ状に脂身の多い肉を薄目に、真ん中には赤身を集めに配置して焼きます
周辺は油が熱で溶け出て、生地までかりっとさくさく
内側はジューシーな肉汁がシソ、生地とからみます
薄く焼き上げる長田焼きだからこその工夫
これには参りました
ソースはつけず、醤油味であっさりと
奥は季節もの、牡蠣のお好み♪

んで、もう1枚は数日前に食べた、会社近くにある最近オープンした讃岐うどん店の釜玉(温)
a0061878_1544048.jpg

正直、あまり期待していませんでしたが、丁寧な仕事ぶりには好感をもちました
うどんもですが、炊き込みご飯が旨かった♪
じっくりにしめているお揚げがおいしそうだった。。。
今度はぜひケツネうどんをば(コンッ)
[PR]
# by yasu2070 | 2006-01-07 15:04 | 神戸B級グルメ?!



あまりに更新されない「神戸からダカールへ」のブログです。バイク、仕事の愚痴などなど、不定期につづる。。。予定?! 本体ページは↓です  http://www.geocities.jp/yasu2070/index.html
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31