新・神戸からダカールへ♪

カテゴリ:オフロードライディング( 31 )

スノーベルラリーリザルト発表!!

26、27日のスノーベルラリーは無事終了しました
土砂崩れで若干のショートカットはありましたが、2日間で約250キロを走り、短いながらもウッズ、ヒルクライム、川渡りとSSも大いに楽しむことができました。
解散後に雨に降られたものの、ラリー中は好天に恵まれ、大きなケガ、トラブルもなくホッとしています
参加の皆様、ほんと、お疲れさまでした

詳しいレポートはまた後日ということで、とりあえず3つのSSによるリザルトは以下のとおりです(ちょっと見にくいですがご容赦を)

総合優勝は関西の誇るテポドンZOUさん
レベルの違う走りでぶっちぎりでした
2位は、家庭を忘れ去り、野に放たれた犬状態となったしろ~♪君
山や川を走り回る後ろ姿には左右に激しく振られる尻尾が見え隠れしていました
3位はコースを知るスタッフの強みでズルした私♪
「マーシャルが入賞してどうするねん」という突っ込みはなしの方向で(笑)

特別賞は、SS1でミスコースしてアサッテの方向に走り去るというう大技をかまし、SS2では唯一F650で何度も転倒しながらもヒルクライムを登り切ったトミさん
ちょっと恥ずかしい黄色の特製Tシャツ(マイヨ)が贈られました

SS2はかなり手強い斜面で、F650組は全員セローでチャレンジしています
しんさんはDR650でのチャレンジ結果=立派!!

それにしても、くそ重いF650はしんどかった。。。
次回は軽いバイクで出たいなぁ
ニューマシン導入したひ・・・

順位 エントラント  車両  SS1 SS2  SS3 Total
1 ZOU XR250R 01:44 00:38 00:38  03:00
2 しろー TT125LW 01:43 01:02 00:39  03:24
3 やす F650GD 02:13 00:47 00:46  03:46
4 ささき DR400Z 02:11  00:44 00:52  03:47
5 トミ F650GD 01:48  00:59 01:03  03:50
6 大悪 CRM250R 02:23  01:30 00:49  04:42
7 パパ XTZ125 02:23  01:42 00:51  04:56
8 一周 XR250バハ 01:57  02:25 00:48  05:10
9 ジャスパー SL230 02:28  01:46 01:00  05:14
10 やま F650GS 05:01 00:57 00:54  06:52
11 Sもと F650GD 03:59 02:02 01:15 07:16
12 よっつぁん F650GD 05:02 01:34 00:57 07:33
13 ドラ DR250R 05:32 01:26 00:43  07:41(SS1パス)
14 かんちゃん XR800 01:54 08:08 00:46 10:48(SS2パス)
15 しん DR650 02:49 07:38 01:28 11:55
16 若 XR400R 01:32 11:13 03:05 15:50(SS2,3パス)
17 まにた F650GS 03:26 08:08 01:18 12:52(SS2パス)
18 モニー セロー225 04:42 08:08 01:13 14:03(SS2パス)
19 アンドゥ セロー225 05:32 08:08 00:49 14:29(SS1,2パス)
20 chika XR230 04:27 08:08 02:35 15:10(SS2パス)
 Kei兄 サポートカー      
[PR]
by yasu2070 | 2006-08-28 11:17 | オフロードライディング

いよいよ明日。。。

スノーベルラリー本番です
天気もなんとかなりそう♪~

今日、大悪さんとさかもっちゃんがコースの最終試走をしてくれているはずです
最終的な参加は安藤さんも入れて総勢21人
バイクで走るのは19人です
参加リストは以下のとおり
万一「名前入ってない~」って方がいらっしゃれば名乗り出て下さい

M1 やす
M2 かんちゃん
M3 安藤さん
M88 パパさん

4 大悪さん
5 若林さん
6 さかもっちゃん
7 ちなつちゃん
8 モニーさん
9 どらさん
10 ジャスパーぱぱさん
11 トミさん
12 山口さん
13 まにたさん
14 一周さん
15 よっつぁん
16 しんさん
17 ささきさん
18 ZOUさん
19 しろ~君
   kei兄さん

ゼッケンは自前での印刷がうまくいかず、外注(?)に出しました
さきほど仕上がったと連絡あり
エントリーリストは作ったし、チェックシートも作ったし、あとは自前の荷物を忘れ物ないようにそろえないと
日付がかわったぐらいにダカールとZOUさんのME08をトレーラーに積んでエッチラオッチラ向かいます♪
[PR]
by yasu2070 | 2006-08-25 10:06 | オフロードライディング

スノーベルラリー エントリー受け付け開始

(一応こちらでもお知らせしときます)

RALLY DE SNOW BELL 2006開催までいよいよ1か月を切りました
正式にエントリー受け付けを開始します

日時:8月26、27日

場所:信州・蓼科周辺の一般公道、林道など。宿泊はペンションスノーベル
http://homepage3.nifty.com/go-snowbell/

スケジュール:
26日午前9時、中央道岡谷IC近くのスタート地点集合。約100キロ走行。夕刻までにペンションスノーベルにゴール。宴会♪=走行に必要のない荷物は、集合地点からスノーベルまで移送サービスあり
27日午前8時スノーベル発。約150キロ走行。午後3~4時(?)スノーベル着。表彰式後解散

エントリーフィー:5000円(2日間の昼食含む)。スノーベルの宿泊費1泊2食付き8000円程度

その他:参加車両は公道走行可能なオフロードバイクであれば制限はないが、極端に音量の大きなマフラー装着車は不可。コマ図を使うため、マップケースが必要。距離計測用にラリーメーター、サイクルメーターなど推奨。オフロードブーツ、ニーシンガード、エルボーガード必須。ブレストガード推奨。団体保険などには入らないので、各自で任意保険、スポーツ傷害保険などに加入して下さい

★あくまでもツーリングですので、過剰なペースでの走行はご遠慮下さい。弁当は出ますが、ケガと故障は自分もちです。工具、パンク修理キット、ロープ、ホイッスルなどの装備は義務づけしませんが、各自十分なものを携行して下さい。初開催につき、今回は主要スタッフと一緒に走ったことのある人に参加を限定させていただきます★

※雨天決行。台風、豪雨などでどうしても実施できない場合は25日午後4時までに連絡します。

※マップケースについては、かんちゃんにお願いして組み立てキットの頒布を予定しています
市販のプラスチック弁当箱、アルミ棒などを使った手巻き式。組み立て、取り付けは各自でお願いします。値段は2000~3000円ぐらいでおさまると思います。

※コマ図は事前にエントラントに郵送する予定です。当日、速やかにスタートするために、集合時間までにマップに巻く作業は済ませておいてください。

★すでに手を挙げている人も含めて、以下のフォームに記入の上、やすまでメールで送って下さい★

氏名:
ふりがな:
ハンドルネーム:
メールアドレス:
住所:〒
自宅電話番号:
携帯電話番号:
携帯メールアドレス:
緊急連絡先電話番号:
血液型:
参加予定車両:
トランポ使用の有無:
マップケース頒布の希望:
前日(8月25日)宿泊の有無:

★マップケース頒布希望は3日締め切りです★
[PR]
by yasu2070 | 2006-08-01 22:20 | オフロードライディング

スノベルラリーの下見♪

a0061878_1613221.jpg

先日、友人の結婚祝いにかこつけた仲間との呑み会&ラリーのコース下見&家族旅行を兼ねて(なんで家族旅行が最後なのかは触れない方向で=笑)、信州は蓼科のスノーベルさんに行ってきました

結婚祝い会は楽しく開催できたのですが、ラリーコースのチェックはできませんでした
豪雨で崩れるなどしてなければいいのですが・・・
アンドウさんが見てくれる予定ですが、一度自分でもチェックしたいので、8月17、18日にひょっとすると行くかもです

2日目のSS2に使う予定の河原は、大増水で川渡りはとても無理な状況でしたが、河原がすべて水没という状態ではありませんでした
これだったら、少々天候が悪くても使えるかな?

2日目のSS1本目予定地は、しろ~♪くん、papaさん、よっつぁんと一緒に行き、実際に走ってみました
ちょいと路面の柔らかなヒルクライムを上がって降りて
参考タイムをとったところ、しろ~君@チューンドTTR125LWで1分10秒、同じバイクを借りた私が1分20秒
手練れなしろ~君に10秒差だっただけでも私的には快挙!!
借り物バイク&ジーンズにニーシンガード、ブーツ、エルボーガードだけだったので、下りでラインを外した時にはちょっと焦りました。。。

この日はちょっと土が水を含んだ状態で、小さいバイクでも約2名が転倒するなど、ビッグオフだとかなりつらそうです
少なくとも、私は登れないと思います<キッパリ
ここは私のセローを代行車両として貸し出し、希望者はセローでアタックしてもらうかな



と、ここまで書いたところで、先日のコマ図作りの報告をこのブログではしていなかったことに気づきました!!<オイオイ

ということで、いまさらながらですが、コマ図作りの報告です~=ミクの某コミュに載せたもののほぼ転載です


コマ図制作風景を写真でお伝えします♪

a0061878_1651541.jpg

スタートする前にコンビニ前でパンク発見
チューブを取り出すと・・・一同大爆笑
何が出てきたかは、ラリー本番で教えます

a0061878_1655069.jpg

気を取り直して出発です
初日の参加はF650GD、セロー225×2、XR80

a0061878_1662453.jpg

たぶんここが初日のスタート地点になります
どこか分かるかな?

a0061878_1664654.jpg

このようにマップケースに枠だけのコマ図を巻き、上のICOで距離を計測しながら書き込んで行きます
手間のかかる作業です
距離計測は2台のメーターで誤差がないよう心がけます

a0061878_1672562.jpg

初日には、こんなところがあるかなぁ

a0061878_1674225.jpg

さらに、こんなとこもあったりして・・・(汗
「滑り台やぁ~」と叫びながら下ってくる(落ちてくる?!)XR80


初日の計測作業の主役は某宿主さんでした
a0061878_1683880.jpg

1本目の林道を見つけないうちから転倒
「間違えた~と思って止まろうとしたら・・・(涙)」
赤土で握りゴケしたようです
ダサッ(笑)

さらに、気持ちよーくすっ飛ばしていた上りの林道でのこと
ゆるいコーナーを抜けると
オイオイ。。。
a0061878_1692294.jpg

2メートル程度滑っていった痕跡あり
久しぶりのハイスピードクラッシュだったそうです

a0061878_1694894.jpg

被害は前後の右ウインカー折損、そして・・・
ブレーキペダルはかかとで操作するのでしょうか?!(笑)

あっ、転けたといえば、こんなシーンもありました。。。
カメラを構えていたら期待を裏切らないグンソー(笑)
a0061878_16103649.jpg

おいしいなぁ

んで、2日目スタート
a0061878_161147.jpg

a0061878_1611185.jpg

快走する宿主さんとかんちゃん

2日目のスタート地点には、お楽しみポイントが併設されることになりそう
半ばから上を見上げるとこんな感じです
a0061878_16123374.jpg

オンコースではないので必ずしも走る必要はないけど、ほぼ全員走らされるでしょうね(笑)
2、300メートルほどの短い斜面を登ると・・・

一番上はこんな感じ
a0061878_16134244.jpg


ちなみに、短い斜面ですが、半ばから見るとこんな感じです
a0061878_16122292.jpg

下のほうにちらっと見える白い部分が道です
途中、いやらしい場所に岩があって、濡れるとこれが良く滑るのです<私は1回こけました(凹)

全員大汗かいてジタバタしてました
宿主さん、ダカールでもセローでも登ることができず登坂を断念
今回、とことん不調のようです。。。
(こないだ下見して1分10~20秒と言っているのがここのことです)

2日目の上級者コースには、ビッグオフだとちょっと汗ばむような軽いガレ場もあるかも??
a0061878_16144182.jpg


後半、ハイスピード林道がお楽しみです
林道の最後はこんなゲートが迎えてくれます
a0061878_1615819.jpg

昼ご飯は未定ですが、道すがら、なかなか美味なパンを食べさせてくれる場所ありです
当然、コマ図には書き込んであります♪

んで、ハイライトとなるのではと期待しているのが、2日目のSS2に予定している河原
水遊びがたのしそ~なポイントを見つけました
a0061878_16182034.jpg

a0061878_16184069.jpg

a0061878_16191625.jpg

a0061878_16194314.jpg

川を渡って、土手を登って降りてといったセクションにできそう
8月末、水の状況がどうなってるかによりますが、7月中旬はちょうど良い水量で最高でした

そして、SS(スキルチャレンジ)に使えそうな場所を探索中にはまってしまった私。。。

ということで、暫定ですが、初日は約100キロ、2日目は約120~130キロ程度の見通しです
ダート率は初日が3割、2日目が4割ぐらいかな?
路面状況も景色も様々で、楽しんでもらえることは間違いありません
2日目は上級と初級で一部違うルートを通ってもらうことになります

SSというかスキルチャレンジというか、なんらかの形で競ってもらうポイントを複数設ける予定

上でも触れましたが、ヒルクライム&ダウン、ちょっと汗かきそうなシングルトラック、川原でテクニカルなルートの3箇所に目をつけていますが、今後、さらに良い場所がないか探索を進める予定です
タイムよりも足つきの有無を競うトライアルチックなものでもいいかなと思っています
むろん、自信のない人はSSをパスすることも可(ペナルティーなし)とします
[PR]
by yasu2070 | 2006-07-28 16:23 | オフロードライディング

一応こちらでもお知らせを

a0061878_22591075.jpg

すでにご存じの方が多いと思いますが、8月末に信州で仲間内でのコマ図ツーリングイベントします
興味のある方はお問い合わせを
基本的に一緒に走ったことのある方限定です

暫定の予定は以下のとおり

8月26日(土)
午前9~10時ごろ、岡谷インター付近集合
約100キロ走行(ダート率は3割程度)し、午後4~5時ごろ蓼科のスノーベルにゴール・宴会♪

8月27日(日)
午前9時、諏訪南インター近くからスタート(宿出発は8時ごろ)
130キロ走行(ダート率5割弱)し、午後4時ごろまでにスノーベルにゴールし
表彰式・解散

基本的には競技ではなくツーリングです
タイム計測はありませんが、一部「お楽しみポイント」(SS?)を設けるつもりです
廃道や河原を使い、ヒルクライムやトライアルチックなセクションでタイム計測を行う予定です

原則2日間参加が望ましいですが、やむをえない場合は1日のみ参加も可とします

初心者向けのルート設定にしてますが、オフロード走行がまったく初めてな方にはさすがに厳しいと思います
レギュレーションはゆるく、公道走行可(爆音、極端な改造は不可)で、自賠責、任意保険加入済みであれば、タイヤなどはフリーです
オフロードブーツ、ヒザガード、ヒジガード、マップケースは必須装備

団体保険は入りませんので、各自にて対応願います<通常の林道ツーリング以上の危険はないと思いますが
エントリフィーは実費程度の格安(数千円程度)にするつもりです


★こっそり開催の闇ラリーなので、禁転載です★
[PR]
by yasu2070 | 2006-07-16 22:37 | オフロードライディング

9日(日)六甲山某所の無料練習場行きます♪

この日曜、天気が微妙なんですが、例の所(どこ?)でデコボコ道遊びしようと思ってます
メーンイベントは、うちのチビ2人のバイクデビューです
知り合いのバイク屋さんからPW50を借りて、走らせようと思ってます
人数集まれば、以前やったみたいにタープ張って肉焼いたりもいいかなと
おひまな方、いらっしゃればいかがでしょ
[PR]
by yasu2070 | 2006-07-06 10:52 | オフロードライディング

5Dラリーへの準備

a0061878_22265275.jpg

いよいよ5Dラリー直前となりました
ゼッケンを作らないといかんってことで、他力本願で作ってもらいました
ちなさんに泣きついておまかせ
仕事が立て込んでいたので、ちゃっちゃと作ったそうですが、さすがです
ついでにトミさんの分も作ってもらいまし
報酬は焼き鳥屋にて♪

とりあえず、ゼッケンはできたのですが、タイヤが届きません
夜届いても即対応できるように、とりあえず現在入っているタイヤを外しておきました
前輪はあっというまでしたが、17インチの後輪はなかなかビードが落ちず、汗かきました
体重が足りないのかなあ
太らないとあかんか(笑)
ライト回りの整備までは手が回らず
明日の夕刻、タイヤはめてからやります
間に合うだろうか・・・
うみゅみゅ

レースなんて何十年ぶり??
しかも雨
さらに200キロ近い重量車
大丈夫か?<私
[PR]
by yasu2070 | 2006-06-22 22:26 | オフロードライディング

関東遠征から帰還=長いヨ

Kei兄さんに譲ってもらうだいちゃん用のトライアルマシーンをひきとりに八王子へ。。。という口実で、まる2日間遊んできました♪
お好み焼き屋とショットバーで呑んだ酒が少し残った状態で午前4時半起床
5時過ぎに無事、ちなさん、かんちゃん@ハイエースと合流しました
6時までに高速に乗れば大都市近郊早朝割り引きが使えるとあって、急いで復活したばかりのセローを積み込み西宮インターへ
吹田インターでハイエースのガスを満タンにして一路東を目指します
かんちゃんと運転を交代しもって、正午直前に八王子インター着
さっそくピカピカの98・ベータテクノを受け取ってハイエースに積み込み、待ちかまえていてくれていた仲間たち10人余りと「二郎」なる麺類屋さんに入りました
うーん、関東と関西の味覚の違いなんでしょうか?
味の素風味満点のスープと汁をすって団子状態になる麺には、関西組3人は全員ゲロゲロ状態でした・・・
私は野菜と焼き豚を食べるのが限界で、麺とスープはほとんど口にできませんでした
なんで行列ができるのかまったく理解できない・・・

貴重な経験をして、しろ~♪くん宅へ
セローのブレーキホースのバンジョー部にクラックが入っているのを発見し、すぐそばのNAPSでステンメッシュのブレーキホースその他を買い出しして交換し、オイルも交換
ガレージ付きの家はやっぱりいいなぁ(羨望)
奥さんのミケちゃんとも数年ぶりに会い、コヒメちゃん@1歳2か月のほっぺたをツンツンして喜んでいました
十数人でバーベキューとミケちゃんの手料理を堪能
酒飲んで小学生たちと暴れていたせいか、私は日付が変わる前に沈没したようです
ほとんど寝ながら、なぜかストレッチはしていたそうです・・・まったく覚えてませんが(笑)
a0061878_1010579.jpg

翌朝、晴れオトコパワーで快晴とはいきませんでしたが、なんとか小雨程度におさまり9時ごろ相模川河川敷の有名ポイントへ出発~

13人のちょっとアタマおかしい人・・・いやいや、そうとう物好き・・・いやいや、年相応の分別と立場ある大人たちが集まりました(笑)
一見普通の河川敷ですが、一歩はいるとウッズあり、トライアルセクションあり、ミニモトクロスコースありと盛りだくさん
しかも広い
これはいいとこだなぁ
バイク禁止とならないよう、地元とうまく共存してほしいものです
a0061878_10242380.jpg

a0061878_10295186.jpg

プチヒルクライムでほぼオンロードタイヤのVV林さんのXR400がのたうちまわったり、斜面を下って小川の中へ入り、「ちょっぴり北海道のエンデューロ気分(でも、小川はすこーしヘドロのにおい凹)」を味わったりと楽しみましたが、最高だったのは、どろどろヌタヌタを超越した「巨大水たまり」
「奥に遊びにいかない?」ってなお誘いに、後ろにちなさん乗っけてついていったらルート上は泥水だらけ
直径5メートルや10メートルって、それは水たまりと呼ぶのだろうか・・・
「ギャー」「ヒエー」「ギャハハハ」という悲鳴と歓声が後席から聞こえてきますが、気にせず進みます
奥の広場は、バンクと小さなフープスだったと思われますが、水だらけでもはやなにがなにやら分かりません(笑)
ギャップを飛んだら着地点は深さ30センチ以上ある水たまり
前輪の巻き上げた泥水で前が見えないってば
そんな中、全員嬉々として走り回っています
茶色い水しぶきを上げるXRやTT、DR、セロー・・・
ん゛??あの青いでかいバイクは・・・
a0061878_10111264.jpg

なぜこんなとこにダカールがいるの!?
何度もこけながら、常時笑顔でぐるぐる回っているのは、アタマのおかしい人の中でも最右翼に位置するマヒマヒさんでした
a0061878_10324119.jpg

不惑を迎えてはや5年・・・
遠くない将来、自分もかくありたいと思ったか、こうはなりたくないと思ったか、参加各位の思いはそれぞれだったようですが、とにもかくにも笑わせてもらいました
=年相応の立場に配慮して、画像を加工しています(爆)=
ひとしきり遊び回り、さてもう少し奥を走って戻ろうと、またもやタンデムで進みます
ルート上の水たまりはさらに凶悪さを増し、ステップのはるか上まではあたりまえ
おいおい、シート下に達しそうな深さやがな!!
前がつまり気味でちょいとペースを落として進入していたこともあって、あとちょっとのところでエンジンがストール
足を着くと、ずぶずぶと沈んで行きます
ピ~ンチ!!
セローを45度ぐらい傾けたところでかろうじてふんばり、とりあえず後席のちなさんはこけそうになりながら脱出
VV林さんに引っ張ってもらって持ち直し、エアクリーナーエレメントに水が入っていないことを祈りつつセルを回すとなんとか息を吹き返しました
ほうほうのていで脱出しましたが、マフラーにたっぷり水が入りエンジンを吹かすと水鉄砲状態です
私もちなさんも股下ぐらいまでどっぷり泥まみれ
a0061878_1029986.jpg

あっ、ちなみに、ちなさんはバイクには乗らない普通(普通じゃないけど)の女の子なので、ジーンズにスニーカーというごく普通の格好でした(劇爆)
なんとか泥ヌタ地獄を抜けてブルーシートハウスがある橋の下へ避難
雨と泥と汗でなにがなんだかわからない状態ですが、全員笑顔です
やはりおかしい・・・なんか間違っている・・・
そんなおかしな集団に、また一人餌食となる人が飛び込んできました
ぴかぴかのF650GS、おもいっきりロード系タイヤのモニーさんです
初対面でしたが、ちっこい。かわいらしい
ほんまに650乗れるのかいなという見た目の女性が、なぜこんな野生の群れに混ざってしまったのでしょう(笑)
ようやく合流してほっとした表情をされていましたが、「とりあえずセロー乗って見る?」と、一個目の落とし穴を掘ってみました
フラットなところを選んでテロテロと進み、平坦なところでぐるぐる回りをしていただきました
その後、VV林さん運転のXRに乗せられて例の水たまりゾーンへ
さすが手練れのVV林さん
あぶなげなくエスコートし、シート高のあるXRで楽しい林道タンデムツーリングで終わるかと思いましたが、やはり落とし穴がありました
水の少なめ(といっても、水たまりというレベルではないですが)なエリアで再びセローに乗っていただき4、5分経過
水たまりの左を抜けようとしたセローが、ぱったりと右側に倒れていきました
モニーさんもセローもドロンドロン~
a0061878_1014713.jpg

a0061878_10131969.jpg

泥でセルボタンがどこかわからなくなったセローを引き起こし、再びマフラーから泥水鉄砲を吹き出させたところ、茶色のトレンディーな模様にレインスーツを彩ったモニーさんは、再びセローで走り始めました
「あぁ、これでもう、この人もこっちの世界に入っちゃったなぁ。ゴシュウショウサマ」と、あの場にいただれもが心の中でつぶやいたのはナイショです

広い河川敷で道に迷い、降りたはいいけど登れなくなって1時間半あまり遭難していたsachiさん@ダカールが奇跡の生還を果たしたり、高圧洗車機でバイクだけでなく人間まで洗ったり↓
a0061878_10244396.jpg

マヒマヒさんとイッシュウさんのバイクが相次いでパンクしてパンク修理大会が開かれたり↓
a0061878_10151682.jpg

車で来たミッチさんがブーツやウエア一式を取り出して「誰かのバイクを借りて乗る」という新機軸な楽しみ方を繰り出したりと、書ききれないほど盛りだくさんでしたが、テイクアウトした牛丼を全員で立ち食いして3時過ぎごろ名残を惜しみつつ解散
a0061878_10201838.jpg

バイクを積んでトランポで出発しようとしたとたん、土砂降りになってきました
あぁ、自走なみなさん、すいません

2日間堪能して一路帰路へ・・・
となるのが普通ですが、我々はどうやら普通じゃないようです
ハイエースは東名に入らずなぜか中央道へ
夕暮れの甲府盆地を快調に走り、2時間ほどで見慣れた景色が目の前に広がりました
ビーナスラインをさわりだけ走り、河童の湯でひとっぷろ浴びて、信州・蓼科のペンションスノーベルへ
宿主の安藤さんと、コマ図ラリー開催についてしばし打ち合わせを行い、滞在30分ほどで出発<それだけかいっ!!

諏訪インターから尼崎までの360キロは私が運転を担当しました
眠気と闘いながらハンドルを握り午前1時過ぎにガレージyazuyaに到着
テクノとセローを下ろし、卍に自宅まで送ってもらって午前2時半、全メニューを消化しました

一宿一飯の恩義をいただいたしろ~♪くん、ミケちゃん、幹事役をしてくれたpapaさんはじめ、遊んでくださったみなさん、本当にどうもありがとうございました
今回はケガもなく(当たり前?)、トラブルもほとんどなく、たくさんの仲間たちに会えて満足満足
トランポでの関東遠征、なかなかおいしいかも♪
また遊びましょう~

=一部の写真をW林さん、sachiさんよりいただきました。ありがとうございました=
[PR]
by yasu2070 | 2006-06-20 10:20 | オフロードライディング

駄目ダメ

a0061878_1251520.jpg

日曜のプラザ阪下ではじぇんじぇんだったので、いつもの六甲山某所に修行に行ってきました
ぶぶさん@セローと現地にて集合
平日なので他に走っているバイクはおらず貸し切り状態でした
今回の課題は低速でのコントロールと、軽い段差越えに対応するためのフロントアップ
しか~し・・・
ぜんぜんダメ(凹)
広場周辺のウッズ的な場所や、岩山の上を1速であれこれ走ってみましたが、極低速になると半クラッチのあてかたが下手でちょいちょいエンストし、岩山の登りも勢いだけで登ってる感じ
フロントアップもセローならなんとかなるのですが、ダカールだとちっとも思うようにできず
リヤに加重する感覚がどうもつかめません
a0061878_1254961.jpg

中央のコース状になっているところでも、かんちゃん、さかもっちゃんと行った時と比べても全然のれてませんでした
元々が川なのでサンド気味な路面なのですが、フロントとられてうまく回れません
デジカメ動画を撮ってもらい、確認するとフロントが切れ込み、アクセルでかろうじて立たせている状態でまったくスムーズさがない
砂浜並のふかふかのところでは650のパワーを生かしてアクセルターン気味に流せば良いのですが、イメージどおりにはなかなかいきません
a0061878_1261232.jpg

あっちですってん、こっちでどったん
この日もたくさんダカールを転がしました
うーん、こんなことで5Dラリー大丈夫だろうか
いっそセローで・・・と弱気になってみる

11時から3時半まで、炎天下を走り回って水を2・5リッター消費しました
涼しいトライアルヘルメットを持って行って正解でした
今日は腕や背筋が軽い筋肉痛です
はぅぅぅ
[PR]
by yasu2070 | 2006-06-07 12:06 | オフロードライディング

泥んこライディング天国 いってきました

a0061878_0253968.jpg
プラザ阪下で行われた「泥んこライディング天国(DRT)」に行ってきました。
長いので、興味ない方はスルーして下さい

これ、トライアル元国際A級の岸下兄弟によるスクールイベントです
本来、250クラスの「普通の」オフロードバイクで行くべきとこですが、あいにく手元に適当なのがなく、250といってもウルフで行くわけにもいかんのでダカール出動となりました
偶然、マイミクのぶぶさん@セローも申し込んでいることがわかり一緒に行くことにしましたが、もう1人ぐらい仲間がほしい
ってことで、あちこち声かけて、ひっかかったのはこの人
こないだも某所での練習会にひきずりこまれたSもっちゃん@白ダカールです
「初心者向けやし、ウチもダカールやし、大丈夫だいじょうぶ」
前日の夜、根拠ないまま言い切って参加の承諾を得ました<拉致ったとも言ふ
(さ)「で、何時集合?」
(や)「うちの家に5時45分」
(さ)「え~っ、えらい早いですやん」
(や)「いっぱい走れるほうがええやろ。すぐ寝ろ。いますぐ寝ろ。とっとと寝ろ!!」
すぐ寝たかどうかは知りませんが、Sもっちゃん、午前6時にわが家の前に現れました。もちろんダカールで(爆)
“これで、ただ1人ジタバタする事態は避けられるな。2人でジタバタしよっと”
その時、私のお尻には、先のとがった悪魔のしっぽがちらほらしていたかもしれません
20分以上遅れてぶぶさんと合流し、ガス入れて、弁当買って河内長野のプラザ阪下へ到着。3年ぶりぐらいにたーくん@スタッフと再会。マイミクの紅丸さん、嶺珍さんともご挨拶<なんかジタバタしてしまって、ゆっくりお話できずすんませんでした
オフロードはまるっきり初めてっぽいオンロードヘルメットの人やセローやCRF230の女性もいる反面、YZ450などどうみても走り込んでいる人が目立ちます
スクールは午前中が基礎編、午後は応用編。どっちか一方だけでも、両方ともでも同じ料金で受けられます。スクールのない時間はエンデューロ、モトクロスの両コースをフリー走行できるシステム。しかも、コース走行はスタッフによるラップタイム計測サービス付きです。細かなサービス、ほんとスタッフの皆さんには頭が下がります。
様子見でとりあえず基礎コースに参加。基本ポジションの取り方、コーナリング時にシートの角にお尻を乗せるといった基本的なことを丁寧に教え、平坦なところをぐるぐる回る内容。コースを走ってみたかったので、途中離脱してフリー走行に入りました。
モトクロスコースは後回しにして、とりあえずエンデューロコースへ。フルコースとショートカットコースの2種類があり、路面は上々。対向車の恐怖がないのは、ストレスなくってやはり良いです。途中、たーくんとバイクを交換して、XR400で走らせてもらいました。さすが、生粋のレーサー。さすがかちっとしていて気持ちい~。コンパクトな車体なのに400積んでるだけあって、パワーの出方もとてもいいし、エンストしてもキックは軽い。足つきは多少悪いけど、細いからなんとかなるか、な~んて思ってしまいました<あぶね~あぶね~(笑)
バンクの走り方がさっぱり分からず、ヘロヘロいいながら数周ぐるぐるまわっていてまず1度転倒。転倒はいつものことですが、なんでこけたかよく分かりません。さらに走行を続けると、コーナリング中に突然ダカールのでエンジンがストップ。なすすべもなく再び転倒。引き起こしてもメーンスイッチが入ったり入らなかったり。セルも回りません。先日から少し調子の悪かったメーンスイッチがおかしくなったようです。
ピットに戻り、メーター回りをばらします。こんなとき、整備性のよくないダカールは面倒。。。
メーンスイッチまでやっとたどりつき、中にパーツクリーナーを吹き付けるとあっさり復活しました。スイッチの中まではばらせませんでしたが、どうやら接点の不良の模様。1時間半ほど時間をロスし、あわてて昼飯をかきこんで午後の部の応用編スクールへ。しか~し、ここでつまんないミスをしてしまいました。
取り外したパノラマメーターを固定した際、両面テープの粘着力が落ちていて走行中にぽろっと外れました。外れたメーターが運悪くフォーク上部とフェアリングの間にはさまり、いきなりハンドルが切れなくなってボテごけ。。。今日4度目の転倒(泣)転倒もいたいけど、生産中止したメーターが壊れたのが痛い(大泣)
午後のスクールのメーンはフロントアップでアンダーガードにぎりぎり届くぐらいの高さの岩を越えるというもの。ボディーアクションでと丁寧に教えてもらうのですが、なかなかイメージ通りにいきません。一度、刺さりかけて冷や汗かきました。岩は越えず、横でフロントアップの練習だけを繰り返していたSもっちゃんも、「いかなあかんでぇ。いけるいける~」という私のそそのかしに、最後にはチャレンジ。見事に刺さって、転倒寸前に陥っていました。スマン
イベントのラストは3クラスに分かれての模擬レース。手練れがそろう上級者組は迷惑かけそうなので、Sもっちゃん、ぶぶさんと共に中級組にエントリーしました。一周のテストラップの後、「勝ちを狙ってる人は前の列へ。そうじゃない人は2列目へ」といくオフィシャルの声に2列目に並びましたが、ふと見ると、ぶぶさんフロントローの端を確保してます。オイオイ、カツキマンマンカヨ
頭に左手つけてカウントダウンって、20何年ぶりの経験。さて、スタート。前列の2台にラインをふさがれ、前に出られません。ダカールにはスタート直後のストレートしか勝機がないのに。すこしキャンバー気味のおもいっきりインにラインを変えて、かろうじて数台をパス。ぶぶさんをかわしてなとか前に出ました。<ソラマケラレンデショ
その後は前のRM80に離されないよう、こけないよう必死に走るのみ。下りの後のジャンピングスポットは恐怖でした。たいして飛んでないはずなのに、サスがフルボトムします。ひえ~~~っ。2周目の直線で前を抜こうと試みるも、あと少し届かず、そのままゴール。1位はYZ125でしたが、自分が何位だったのかよくわかりませんでした(笑)真ん中よりは上だったような気がするけど、どだったのかな?。フロントローをとっとくべきだったと、ガラにもなく遠慮したことを少し悔いたのでした。ま、ぶぶさん、さかもっちゃんに負けなくってよかった
表彰式では、Sもっちゃんが「重いバイクでよくがんばりました」と特別賞をもらうおまけつき。転倒したで賞とかあったら私ももらえたのになぁ<もらってうれしいかどうかは別問題ですが
外していたウインカー、ミラー、ナンバープレートを取り付け、阪神高速でバババっと帰還。ダートで遊び倒した後、高速で140キロ巡航できるダカールはいいバイクだといつもながら思います。
初めてのスクール参加、ほぼ初めてのコース走行でしたが、丸一日めいっぱい楽しませていただきました。たーくん、紅丸さんはじめ、スタッフのみなさん、ありがとうございました。次回は軽いバイクで。。。でも、F650でウケ狙うほうがいいかな<こりてないやつ(笑)

写真はインストラクターの岸下(兄)さんから特別賞を受けるSもっちゃん
走るの必死で写真これしか撮ってなかった・・・
誰か下さい
[PR]
by yasu2070 | 2006-06-06 00:25 | オフロードライディング



あまりに更新されない「神戸からダカールへ」のブログです。バイク、仕事の愚痴などなど、不定期につづる。。。予定?! 本体ページは↓です  http://www.geocities.jp/yasu2070/index.html
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30