新・神戸からダカールへ♪

カテゴリ:F650GSdakar( 2 )

ブログもダカールも復活♪

すっかり長らく放置状態でしたが、ぼちぼち復活させます

なぜ放置状態だったかというと、ミクシーが主力になってきたことと、何より、タイトルにもしているF650GSダカールが昨年11月から不動状態だったこと
エクセルリム・ブロックタイヤを組んでいるハブが逝ってしまい、ベアリングがスカスカになっていました

ハブの組み替えはとりあえずおいといて、オン・オフタイヤを履かせているノーマルホイールに換装
ちょちょっとメンテして、新品バッテリーにつなげるとセル1秒で始動しました
さすがインジェクション

エクセルの黒リムからノーマルの銀リムに戻すとなんかマヌケな印象になっちゃったけどしかたありません
シラックを履かせており、トップケース、タンクバッグを付けてすっかりツアラー風♪<その割には傷多すぎですが・・・

a0061878_1225960.jpg



先月、鳥取から兵庫北部にかけてバビューンと走ってきました
さすが普通のオンオフタイヤ
オンロードでえらくグリップする!
燃費が妙に良い~~!!
音も静か~!!!
高速でいっぱいいっぱいまで回しても怖くないのはさすが
当たり前と言えば当たり前なのですが、新車で入っていたサハラED3以降はずっとMT21かT63だったもんで、ブロックタイヤじゃないダカールは妙に新鮮でした

瀞川氷ノ山、天谷加保坂、黒川新田などいくつか林道も走りましたが、車重があるので思ったよりはグリップします
止まりませんが(汗)
タンデムの上にトップケース付きだったのでリヤがグリップしすぎて、フロントが逃げ気味になるのには参りましたが、チンタラだったらシラックでもなんとかなりそう<変な脇道に入り込んでスタックし、押したり引いたりで大汗かいたのはナイショ(笑)
しばし、シラックで修行します
a0061878_12252458.jpg

ということで、ダカール復活しましたので、ご都合が合えばあそんでくださいまし
ぬるい林道しかいけませんので、いじめないでね
[PR]
by yasu2070 | 2007-06-30 12:25 | F650GSdakar

5Dラリーより帰還しましたが・・・

a0061878_1033132.jpg

え~っと、ネタを作るつもりはないのにネタになってしまうのは日ごろの行いの良さでしょうか。。。
広島での2daysラリーより帰還しました
ケガも痛みもな~んもありません
ただただ疲れました
なぜかというと長くなりますが。。。

ラリーが始まり、まずは階段登りにいやらしいアップダウン、カウンターあてまくりのダートラコースでのSS
a0061878_10322711.jpg

スタートしてぇ
a0061878_10325126.jpg

木に隠れてますが、階段登らされてます。。。


奥のややこしいターンでリヤ滑らせて向きを変えることに失敗、回りきれずえっちらおっちらしていたらタイムをロスしてしまいました。。。
気を取り直し、300キロの道のりを踏み出したとたん・・・冷却水警告灯が点灯
ファンモーターの固着かと思いましたが、調べるとクーラントが明らかに減っている
イヤな予感がしつつ、ミネラルウオーターを買って補充するもまた減る
FーGSにありがち(持病?)の冷却水がオイルに混入する通称カフェオレを確信しました
a0061878_10351449.jpg

まだエンジンの感触その他に異常は感じられませんでしたが、混入量が微量とは言えなさそうなので、最後尾のマーシャルと相談していったんスタート地点のダートラコースに戻ることにしました
a0061878_10353023.jpg

過去の耳学問では、ウォーターポンプのメカニカルシールの可能性が大
オフィシャルをしているショップの人たちに知恵と工具を借りて半日で修理してやろうと、バルコム広島などパーツを持っていそうな近隣のショップに電話をかけまくりましたが、どこも在庫を持っておらず、ジ・エンドとなりました(泣)
600キロのラリーを30キロでリタイヤなんて・・・
SS1本しか走ってないのに・・・
夜遅くまで仕事して、そのまま寝ずに高速とばしてきたのに・・・
晴れごいの踊りでせっかく快晴にしたのに・・・

悲しい
悲しすぎる

セローを取りに300キロあまりを再び往復しようかと思いましたが、当直でブラジル戦にあたってしまった前々夜も寝ておらず、2日徹夜で限界が近かったので断念
泣いていても仕方ないので、誰もいないダートラコースで缶ビールを空けながら仕事したり昼寝したりとのんびりしてました<広島まで行って何やってるんだか(笑)
a0061878_10371100.jpg

夜のSSはみっちゃんのSLを借りて出走(軽いバイクだとらくち~ん)
シチューにバーベキューの夜宴を楽しみました

一転して大雨になった2日目(ワシの呪いじゃぁ~~~)、前日の高速林道で前転し、左手を負傷したみっちゃんが走行不能となりました
一瞬「代わりのマシンでもいいと言われたし、SL借りて・・・」と悪魔の尻尾が生えそうになりましたが、雨のうら寂しいコースにポツンと取り残すのはあまりにむごいので必死に心の中の悪魔君を押さえ込みました<後でちょっと後悔したけど(笑)

早々にテントを撤収し、みっちゃんを病院に連れて行ってから、前日に「接待しろ~」と呼び出しておいた会社の後輩@広島勤務と昼前に待ち合わせして、リタイヤーズ2人でお好み村で広島焼き三昧
仲間たちは雨の中、ひいこら言いながら走っているというのに

3時ごろ、次々にゴールする仲間たちを迎え、夜までにショップにダカールを放り込むべく、早々に会場を後にしました

爆睡するとみさん@ランツァを横目に順調に距離を伸ばし、8時過ぎには神戸に着くからとショップに電話した直後、異変は起こりました
トレーラーを牽いて元気に走っていたパジェロのエンジンから突然の異音
この音はどっかで聞いたことが・・・
そう、軽トラのエンジンが焼き付いた時と同じ音です
広島に向かう時、オイルランプが一瞬点灯しましたが、チェックするとエンジンオイルはちゃんと入っていたはずなのに・・・
パーキングに入り、再びチェック
ティッシュでぬぐうと、やっぱりちゃんと入ってる
だけど、う゛?ん゛??
なんかオイルがピンク色なんですけど??
これ、オートマフルードちゃうんかいっ!!
卍さんから借り物の車なのでチェック棒を間違えていました
調べたのが夜だったので液の色まで見えず、粘度だけでオッケーしてしまっていたのです
下のほ~の目立たないところにあるエンジンオイルのチェック棒を調べると、オイルがかなりへたってる(凹)
オイルだけが原因とは思えませんが、オイルを高粘度のものに入れ替えておけば防げた可能性が大
痛恨のミスです
オイルや添加剤を入れるべと、エンジンを回さないように最寄りのインターを目指しましたが、登坂車線の連続するところで15万6000キロを走ったパジェロ君は力尽きました・・・
高速の路肩で車で立ち往生なんて、初めてやらかしましたよ
見通しの良い登坂車線なので危険はあまり感じませんが、発煙筒をたいてレッカーを待ちます
a0061878_10362123.jpg

立ち往生して1時間半ほどでレッカー登場
車とトレーラーを2台のトラックに載せて、わずか4キロ先のインターまで運んでもらいました
目立たないところに駐車し、トレーラーの運搬代(車はロードサービスただだけど、トレーラーは別料金。高かったぁ!!)を払い、温泉入ってから向かっていた後続のかんちゃん、たかた先生の2台のハイエースに拾ってもらえるのを待ちました
なんやかんやで尼崎のガレージヤズヤに着いたのは午前1時半
オデッセイに乗り換え、気力を振り絞って150キロ離れたトラブル車両置き場に向かいました
意識が飛びそうになりながら高速を140キロ巡航し、トレーラーをオデッセイにつないで神戸に帰還
自宅に着いたのは白々と夜が明けた午前5時ごろでした
とりあえず、ケガなく、事故なく帰れたので良かった?のかな?
まだ、動かなくなっているパジェロを取りにいかないとあかんけど・・・

それにしても、欲求不満だぁ!!

帰宅して風呂に入っていると、朝早くから起き出してきたヨメさん曰く
「いったい何しに行ったん??」
はい、おっしゃるとおりです。。。

次はガンガン走るぞぉ
いろいろご迷惑をおかけしたみなさん、どうもすいませんでした&ありがとうございました

今の気分はこんな感じ。。。
はふぅ

a0061878_10374135.jpg

[PR]
by yasu2070 | 2006-06-27 10:37 | F650GSdakar



あまりに更新されない「神戸からダカールへ」のブログです。バイク、仕事の愚痴などなど、不定期につづる。。。予定?! 本体ページは↓です  http://www.geocities.jp/yasu2070/index.html
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30